コンテンツへスキップ

敏感肌も安心二十年ホイップの特別な泡で透明感

 

2種類のくすみ原因に対応できる洗顔石けん

肌のくすみは色素沈着で起きる印象がありますが、大きく分けて2種類あります。肌表面に付着してしまう汚れと、角質層が肥厚してくることで肌の色がくすんできてしまうことがあげられます。肌表面の汚れは皮脂だったり、空気中に漂っているホコリ、化粧がきれいに落ちずに残っている状態。

角質層の肥厚は乾燥から肌を守ろうとしたり、肌のターンオーバーが鈍ってしまうことにより起きやすくなります。二十年ホイップには2種類のくすみの原因に対応するため、釜練り製法という特別な石けんの作り方を用いて、皮脂のくすみを取るための石けんと角質層のくすみを抑えるための石けんを掛け合わせてつくられています。

 

洗浄力の高さから肌が心配

二十年ホイップは洗浄力が高く、表面の汚れを落とし皮膚のくすみが見えにくくなり、実感するのが早い人が割と多いです。すぐにきれいになると肌に悪い影響が出るのではないかと、敏感肌の人は使うことを躊躇するでしょう。しかし、強力に汚れを落とす働きをしているのは、二十年ホイップを使うことでできる泡に秘密があります。

超極小弾力泡が生まれて、もこもこで優しく洗うだけで汚れを絡め取ります。気泡が小さく吸着面が大きいこと、すぐに気泡が割れずに長持ちし、肌のキメまで入り込めるぐらいの超極小さがさっぱりとさせます。角質層には北海道のホエイが働き、保湿力を取り戻すために役立つ美容成分代わりになって、使い続けることで次第に乾かない肌を取り戻し、見た目の印象も違ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です